日本語教育能力検定試験を受けて日本語教師に

日本語教師になるには、いくつかのルートがあります。

日本語教師は日本語教育に関する専門的な知識や教える技術が必要な専門職ですが、医師や弁護士、一般の教員のように国家資格があるわけではありません。


唯一条件となるのが、文部科学省がガイドラインとして定めている、日本語教育施設の教員として求められる条件を満たしていることが、必要になってきます。


日本語教師の有資格者として認められるためには、次の三つのルートのいずれかあるいは複数の条件を、満たしておく必要があります。

まず日本語教師養成講座で学ぶこと。
日本語教育能力検定試験を受験してパスすること。大学、大学院の日本語教育専攻で学ぶことです。


もっとも手軽で誰でも受講可能なのが、日本語教師養成講座で学ぶルートになります。
文部科学省のガイドラインで定められている420時間の要件を満たす講座を、受講することになりますが民間の養成講座であれば、入学は高校卒業以上を対象としていますので必ずしも、大学卒業である必要はありません。

もちろん年齢制限もありません。そのためいずれかの方法で、条件さえ満たしていれば年齢、学歴を問わず日本語学校の教師募集に、応募することが可能になっています。
養成講座で学習して日本語教育能力検定を受ける人も、たくさんいます。

本当に役に立つ日本語教育能力の検定についての情報です。

この日本語教育能力検定試験に合格すれば、就職の幅も広がってくることは間違いがありません。



高校卒業でも、教師になることができるのです。