日本語教師になるなら合格したい日本語教育能力検定

日本語教育能力検定試験というのは、日本語教育に関して公に実施されている唯一の試験で、1988年から年1回実施されています。これは司法試験のような資格試験ではなく、日本語教師として専門的な科目において一定のレベルに達しているかどうかを見る物差しとしての試験として、スタートしました。しかし日本語教育施設のガイドラインの中に、日本語教育能力検定試験に合格した者が日本語教員の資格の一つとして掲げられていることから、この検定試験は検定というよりはより資格に近いものとして、考えられています。
この試験は年齢や学歴などの条件は全くなく、誰でも受験することができます。

もちろん大学で日本語教育を専攻していることも。

日本語教育能力の検定を知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

養成講座を修了したということも、問われるものではありません。
独学で受験をすることも可能なので、日本語教師を目指すのであればいつかはチャレンジし、パスしておきたい試験になっています。


日本語教師として就職活動をする場合、まず履歴書を先方に送付することから始まります。

書類選考でパスをして面接にまでこぎつけることが最初の山になりますが、面接に進む決め手の一つがこの日本語教育能力検定に合格しているかいないかです。



採用側は合格していることで、一定の日本語教師としての知識を備えていると判断されることが多くなっています。


大学で日本語教育を専攻している人でも、一般の日本語教師養成講座を修了している人など、日本語教師有資格者であってもこの試験を受けて就職に備えることが、多くなっています。



日本語学校の重要知識

日本語教育能力検定試験は、日本語教員になるための勉強をしている人や日本語教育に携わる人を対象に、日本語教育の実践に必要な基礎知識や、その知識を状況に応じて活用する能力を検定する試験です。日本語専攻の大学生や小中学校の教諭、公務員が主な受検者で、主婦・主夫や退職者でも受験している人がいます。...

more

日本語学校の知識を増やす

日本政府は観光立国政策を推進しており、その成果もあって、訪日外国人の数は年々増加しています。東京オリンピックの影響も相まって、日本を訪れる外国人の数はこれからも増え続けるでしょう。...

more

日本語学校の補足説明

日本語教師になるには、いくつかのルートがあります。日本語教師は日本語教育に関する専門的な知識や教える技術が必要な専門職ですが、医師や弁護士、一般の教員のように国家資格があるわけではありません。...

more

日本語学校の秘密

日本語を学びたいと思っていても、独学で習得するには難しいと悩むことも少なくありません。今では日本語学校もかなり増えてきていますが、どこがよいのかじっくり吟味してから申し込む事が重要です。...

more